PIC1

EPILOG mini24-60W Tips

設計時のポイント
  1. 最大ワークサイズよりも最低5mm程度は余裕を持たせること。
  2. クリアのアクリル板等を綺麗に加工したい場合(ハニカムテーブルを使用しない場合)は、板を支える方法を考慮すること。
  3. 彫刻は非常に時間が掛かる上、排煙が多くなるので多用しない方が良い。
  4. 厚みが増す程、加工精度が下がる。
カットと彫刻データの作り方
  1. イラストレータの場合は 0.1pt 幅の線がカット、それ以上は彫刻となる。
  2. CorelDRAWの場合は 極細線〜0.1mm 幅の線がカット、それ以上は彫刻となる。
  3. ファイル名は半角英数文字を使用すること(2バイト文字の場合は加工機が正常に受け取らないことがある)。受信したファイル名は操作パネルの液晶画面に表示される。
イラストレータでの出力時の注意点
  1. プリント画面での原点設定に注意。
出力時の注意点
  1. オートフォーカスは故障の原因になるので、極力使用しない。使用禁止。
  2. 3辺にあるルーラーは必ず降ろすこと。降ろし忘れるとヘッドがぶつかって故障の原因となる。
  3. 排煙装置の他、消火用コンプレッサーの使用を忘れないこと。
  4. 加工中は基本的に加工機から離れず、発火や異常を感じたらすぐに加工を中止すること。ただし、加工中の光は直視しないこと。
  5. ベクタカット動作中はSTOPボタンを押しても1パスの動作が完了するまでは停止しない。すぐに停止したい場合はRESETを押すこと。ただ、稀に操作不能となることがある。この場合は電源を入れ直すしかない。
加工が終わったら
  1. 加工テーブルの上と中に掃除機を掛け、ルーラー部分のエタノールによる清掃を行ってください。
  2. 加工データを「FAB」フォルダにコピーすることと、加工品の撮影を忘れないでください。
メーカへの要望・要改善点
  1. ヘッドおよびテーブルの安全移動範囲の制限機構の追加。
  2. STOPボタンにより即座にレーザー照射および動作を停止して欲しい。緊急停止スイッチが無いこのクラスの加工機ってどうなの?
  3. 動作中にRESETを押した際の動作不良の改善。
  4. 彫刻データorカットデータが無い場合の動作不良の改善。
  5. センター彫刻時の原点設定に「左上」が欲しい。
  6. XY-Off時、液晶画面にZ軸の値も表示して欲しい。
  7. 操作パネルがフリーズする不具合の改善。

<戻る>
(C)2010-2011 SUSUBOX Project. All Rights Reserved.